秋月氏

玄海灘の邪魔者扱いだったアカモク(海藻)を特許技術で大島の特産品へ

漂流したアカモクが漁船のスクリューや魚網に絡まるなど、地元漁師からは「邪魔モク」と呼ばれ敬遠されてきた海藻で、九州地方では特に価値のないものとして扱われていました。
それが一転して注目を集めるようになったのは、福岡県の水産海洋技術センターがこのアカモクに着目し加工技術をマニュアル化したのがきっかけ。漁協と協力して食用に加工販売をはじめるとシャキシャキとした食感が好評を呼んで...
詳しくは石鹸家に掲載しております。

ページの上へ